今日から勝てるFX取引!

様々な取引方法があるFX


dsfiiii FXではスキャルピング、デイトレード、スイングトレードなどいろいろな取引手法があります。スキャルピングでは数分間や数十分で取引を完結させる超短期取引が行われます。一度の取引ではpipsが少ないですが、取引を何度も繰り返すことでトータル的なpipsを大きく育てます。トレーダーによって 10pipsで利益確定、5pipsで損切りと予めルールを決めて取引されることが多いです。デイトレードではスキャルピングより取引期間が長めで1時間や数時間くらいで取引を完結させる短期取引が行われます。

上昇や下落トレンドに乗れると得られるpipsはスキャルピングより多くなります。スイングトレードではデイトレードより取引期間が長めで2日間から10 日間くらいで取引を完結させています。通貨ペアによっては保有している間はスワップポイントも受け取れます。上手くいけば為替差益とスワップポイントの両方稼ぐことが出来ます。為替相場ではときにリーマンショックなど大きな変動が起きることがあります。

スイングトレードでは保有している期間中に運悪くそういった大きな変動に巻き込まれる可能性があります。国内FX業者で大きな損失が発生すると追加保証金を入金してくださいと連絡が来ることがあります。翌朝に大きな窓開けで取引がスタートしロスカット水準を大きく下回って強制的にポジションが決済され、預 入証拠金以上の損失が発生する可能性もあります。持ち越しには思わぬリスクがありますが、スキャルピングやデイトレードでは1日で取引を完結させているので、そういったリスクは無いです。

しかしスキャルピングでは短期的な値動きに惑わされてしまって損切りを繰り返してしまう可能性があります。わずかなpipsを狙うために瞬発力と集中力が 必要ですが、デイトレードやスイングトレードなら比較的ゆっくり取引が出来ます。FXではスプレッドと呼ばれる買値と売値の差があります。スプレッドはFX業者への手数料としてお支払いすることが必要な取引コストの一つです。

スキャルピングで取引回数を多くするとスプレッドの負担が多くなり、小動き相場ではあまり儲けられないことがありますが、デイトレードでは取引回数が少な い分それほど大きな負担にならず、小動き相場でも取引しやすいです。スイングトレードではほとんどスプレッドを気にせずに取引が出来ます。トレーダーご自身のトレードスタイルによってスキャルピング、デイトレード、スイングトレードから選んで取引できるのもFXの魅力の一つです。



通貨ペア


一つの得意な通貨ペアだけに絞ってFXをしていくのが、あまり負担がかからずリスクも減らせる投資法だと思います。

でも私はいつも複数のメジャーカレンシーの動きを見張っていて、トレンドのある通貨ペアを見逃さず取引するようにしています。

通貨の多くは連動しているとはいえ細かく見れば個々に違った動きをしているので、動きの大きいものを常に選択することが重要になってくると感じているのです。

この考え方を始めてからは取引の機会が多くなり、利益がアップしてきたから効果は十分にあるといえます。

他の情報一覧

知って特する


他のリンク

株主優待券


サイトインフォ

当サイトのルール

担当責任者