今日から勝てるFX取引!

株主優待券を無料で入手するテクニック


dsdfjjjii このページでは、株価変動の危険性を考慮する必要がなく、また2日間の所有で株主優待特典に与れる方法をご紹介します。株主優待を受けるには、基本的に株を権利付き最終日の1日だけ保有していれば、例え翌日にその株を売ってしまっても、該当の期間分(通常は1年分)の株主優待の権利を得る事が可能です。

しかし、同じような事を考える人は沢山いますので、権利付き最終日に株を購入し、翌日に売却すると、株価は一気に下がります。それゆえ、株主優待の利益を考慮しても、全体としての利益がマイナスになる事がしばしばあります。

この状況を回避する方法としては、信用取引のカラ売り(信用売り)が有効です。具体的にはどういう事かというと、株主優待の権利が確定する前日に、該当の株の現物買いと信用売り(クロス取引)の注文を出しておきます。

権利落ちの日に、始値で、既に出した2つの注文を同時に決済すれば、株価がどちらの方向に向かおうと、株価変動リスクは完璧に消失し、損益が固定されるという訳です。そして、株主優待の権利だけは、しっかりと得る事が出来ます。

参照: バイナリーオプション業者ランキング&ブログ体験記

株価変動リスクが0になる訳

この方法では、株価が下がれば信用取引の方で利益が出るようになっていますので、現物買いの値下がり分の損は、この利益で相殺が可能です。
いくら株価が変動しようと、トータルの売却益としてはプラスマイナス0となるのです。

分かりやすく例を挙げてみましょう。株主優待を狙っている銘柄が、株価1000円だったとします。普通にその株を買っておき、一方で信用取引のカラ売りで、業者からその株を借りて、第三者に売却しておきます。

この時、カラ売りでは1000円(×単元株数)の利益が発生するのに対し、通常買いでは1000円(×単元株数)の損失が出ますが、トータルではプラマイ0となります。

権利落ち日に、仮に株価が900円まで下がったとしても、通常買いした株を売却して900円(×単元株数)の利益を出し、カラ売りした株を買い戻して、その株を業者に返却して900円(×単元株数)の損失となるので、いずれにせよトータルではプラマイ0となります。

この方法で、実質株価変動リスクを完全に回避する事が出来ますし、手数料を払うのみで株主優待券を手に入れる事が可能です。



通貨ペア


一つの得意な通貨ペアだけに絞ってFXをしていくのが、あまり負担がかからずリスクも減らせる投資法だと思います。

でも私はいつも複数のメジャーカレンシーの動きを見張っていて、トレンドのある通貨ペアを見逃さず取引するようにしています。

通貨の多くは連動しているとはいえ細かく見れば個々に違った動きをしているので、動きの大きいものを常に選択することが重要になってくると感じているのです。

この考え方を始めてからは取引の機会が多くなり、利益がアップしてきたから効果は十分にあるといえます。

他の情報一覧

知って特する


他のリンク

株主優待券


サイトインフォ

当サイトのルール

担当責任者