今日から勝てるFX取引!

バイナリーオプション:レンジ取引にチャレンジしよう


 文献: 【HIGHLOW.TOKYO】

仕組が簡単だと話題の「バイナリーオプション」。

さて、バイナリーオプションと一口にいっても、この投資法にはいくつかの取引スタイルが存在します。

そのうち最も基本となるのが「ハイ・ロー取引」と呼ばれるもの。これは既にご存知の方・取組んでいる方も多いことでしょう、相場価格が判定時刻に取引開始時より“上がっている(High)”か“下がっている(Low)”かを2択予想する取引ですね。

そして、この「ハイ・ロー取引」の次に覚えたいのが今回ご紹介する「レンジ取引」です!
レンジ取引とは、対象銘柄の相場価格が、判定時刻に想定レンジ(上限レート・下限レートが決められた特定範囲内)に収まっているか、収まっていないかの予想を行う取引のこと(レンジ=範囲・境界)。

判定時に対象相場が“レンジ内にあるか否か”で勝敗が決まります。

つまり、判定時刻までの間に相場がどのような動きをしようと取引の勝敗には関係がなく、判定時刻がきた瞬間に相場が“レンジの内側にあるか・外側にあるか”が重要だということ。勝敗は判定時の相場で判断され「判定時刻の瞬間に、対象銘柄の相場価格が想定レンジ(予め決められた特定範囲)のなかに収まっているか飛び出しているか」の予想を当てれば、利益が得られる仕組です。

なお、この取引では、想定レンジの幅が広いほど予想が簡単に、レンジ幅が狭いほど予想が難しくなるため、レンジ幅が狭く設定された取引ほどペイアウト率が高くなるのが一般的。
また、レンジ取引は、一定の範囲内に相場が収まるか収まらないかを当てるわけですから、
この取引をするのなら、動きが大きな相場よりも安定感のある穏やかな相場の方が向いていると言えます。

さらに、言うまでもないことですが、バイナリーオプション投資をする際には、どの業者で取引をするかというのも非常に重要。
業者によってプラットフォームの仕組、取組める取引スタイル、取引できる銘柄、ペイアウト率など様々なことが違ってきますから、口座を開設する前には必ず複数の業者を比較検討し、信頼できて尚かつ効率よく利益を狙っていける業者を探して口座を開設するようにして下さいね。



通貨ペア


一つの得意な通貨ペアだけに絞ってFXをしていくのが、あまり負担がかからずリスクも減らせる投資法だと思います。

でも私はいつも複数のメジャーカレンシーの動きを見張っていて、トレンドのある通貨ペアを見逃さず取引するようにしています。

通貨の多くは連動しているとはいえ細かく見れば個々に違った動きをしているので、動きの大きいものを常に選択することが重要になってくると感じているのです。

この考え方を始めてからは取引の機会が多くなり、利益がアップしてきたから効果は十分にあるといえます。

他の情報一覧

知って特する


他のリンク

株主優待券


サイトインフォ

当サイトのルール

担当責任者