今日から勝てるFX取引!

取引コストの安さが魅力のFX


dsdfkkfiiii FX投資の魅力のひとつに、“手数料コストの安さ”があります。外貨投資商品には、FXのほかにも、外貨預金や外貨建て債券(外積)など様々なものがありますが、手数料コストの安さにおいて、FXは群を抜いているのです。銀行で米ドル建て債券や米ドル預金をしたとしましょう。この場合、1ドルにつき、およそ2円の為替手数料がかかります。

円を米ドルに換える際、および、米ドルを円に換える際に手数料(手数料を含んだ為替レート)がかかり、そのコストは1米ドルにつき片道1円が一般的であるため、往復ではおよそ2円の手数料を払うことになるわけです。たかが2円と思われるかもしれませんが、場合によっては、この往復の為替手数料のために元本割れとなる(引出す際の円価格が預金時を下回る)こともあるので、手数料は馬鹿にできません。

一方、FXでかかる為替手数料は、往復でもわずか数銭です。しかも、FX業者によっては、手数料を“無料”にしているところもあるほど。

ただし、FXでは為替手数料のほかに「スプレッド」と呼ばれるレートの差が、コストとして発生します。そのため、「為替手数料+スプレッド」が、FX取引において業者に支払う取引コスト総額となるのです。ですが通常、FXのスプレッドは、往復でも6銭前後。よって、FXでの取引コスト総額は“10~12銭”程度となり、スプレッドを加味してもなお、銀行で外貨預金などをする場合の手数料2円と比べて格段に安いのです。

近年は、金融商品を取り扱う業者間での競争激化に伴い、預金時などにおける為替手数料の大幅引き下げを実施する銀行も出てきています。しかし、それでも依然として、手数料の安さではXM.comでの投資が頭一つ抜けていると言えるでしょう。

取引コストが小さく抑えられれば、小さな値動きからでも利益が得られるため、幅広い相場動向に対応した取引が可能になります。FXは、手数料が安いぶん、利益の可能性が広がる投資だと言えるのです。

臨機応変な取引を可能にするFX

FXは、取引の自由度が高いという点も魅力のひとつ。FXでは、(外貨預金と異なり)外貨を買うだけでなく売ることもできるため、円高でも円安でも、状況に合わせて臨機応変に取引を進めることができるのです。

また、レバレッジをかけた取引ができるのもFXならでは。レバレッジをゼロ、または低く抑えれば外貨預金感覚でローリスクの取引が可能になり、レバレッジを高く設定すれば(ハイリスクではありますが)ハイリターンを狙うことが可能になります。

さらに、時間の制約がないのもFXの特徴です。株式などと違い、ほぼ24時間、リアルタイムでの取引が可能。好きな時間に、自分のタイミングで取引ができます。このようにFX投資は、自由度・流動性が高く、幅広いチャンスがある投資法なのです。



通貨ペア


一つの得意な通貨ペアだけに絞ってFXをしていくのが、あまり負担がかからずリスクも減らせる投資法だと思います。

でも私はいつも複数のメジャーカレンシーの動きを見張っていて、トレンドのある通貨ペアを見逃さず取引するようにしています。

通貨の多くは連動しているとはいえ細かく見れば個々に違った動きをしているので、動きの大きいものを常に選択することが重要になってくると感じているのです。

この考え方を始めてからは取引の機会が多くなり、利益がアップしてきたから効果は十分にあるといえます。

他の情報一覧

知って特する


他のリンク

株主優待券


サイトインフォ

当サイトのルール

担当責任者